HOME > iCloud を Windows7 で使ってみた

iCloud を Windows7 で使ってみた

iPhone 4S を使い始めて4ヶ月たちました。カメラをよく使ってます。撮影するとカメラロールというところに保存されて、モバイル投稿する時などは、載せたい画像をタップしてそのままメールを選択し、指定してある投稿用アドレスに送るだけ。注意するのは、送る時に画像サイズを聞いてくるので、小(320x240px)を選んで送信します。単品で操作するにはこれがかんたんです。

ところが、取材に行った時などにたくさん撮影して一気に PC に送りたい時があります。そこでふと思い出した iCloud を試しみた。カメラロールは、そのままでは iCloud に移せないので、フォトストリームをオンにしてみました。…が、これも iTunes では iPhone 側からの画像は同期できないしよくわからない。

iCloud ヘルプを見ると、

Windows コンピュータでフォトストリームを設定する
1.「スタート」メニュー>「コントロール パネル」>「ネットワークとインターネット」と選択します。
2.「iCloud」をクリックします。
とありますが、「iCloud」のアイコンがありません。


ってことで、あちこち調べていたら、Win7 の場合、iCloud コントロールパネル v1.1 – Windows システム用っていうのを入れる必要があるらしく、入れてみた。すると、「iCloud」のアイコンが現れました。

1.iCloud コントロールパネルを起動して、iPhone で設定した Apple ID でサインイン。
2.フォトストリームだけチェックして適用しました。

ここまではいいのですが、カメラロールの画像は雲に乗ってやってきませんでした。新たに撮影したものが、カメラロールに入ると同時に、フォトストリームにコピーされ、Win7マシンのライブラリ→ピクチャーの中のPhoto Stream と同期されてました。

iCloud のサイトからもサインインできますが、ここにはフォトストリームはでません。お試しでバックアップなどもしてみたのですが、最後には全て削除して、フォトストリームもリセットしました。ここまでの作業をしたら、ナゼか Win7 でエラーがでます。iCloud のコントロールパネルが強制的に終了されるようです。キモチわるいので、コントロールパネルも削除しました。。

で、、最終的には、USB でつないで画像全て移動したのでした。
あはは…

カテゴリー:モバイル

コメントを残す

PageTop