HOME > ミッション:インポッシブル/フォールアウト

ミッション:インポッシブル/フォールアウト

公開から少し遅れてやっと見てきました。トム・クルーズはスタントなしで自分でやっちゃうところもすごいけど、今回は途中で骨折して直るまで数ヶ月間を空けての撮影だったそうで、骨折中の演技と完治してからの演技と混ざってるらしいです。なんとなくだけどビルの屋上を走る長いシーンのことかな~と想像したり。

映画館に設置してあったあのロープの意味がわかりました。今度はヘリなんですね。どう撮影したのか不明だけどあんな断崖絶壁にポツンと立ってるのは風に吹かれればすっ飛びそうでヒヤヒヤします。ありえないところが笑える。まさに不可能なミッションを遂行している。

大好きなパリでのカーチェイスは圧巻だけど凱旋門を横目にあんなに暴れ回っていいの?っていうくらいひきつけられます。いままでにないくらいの迫力かも!

あと今回は、元妻のジュリアのシーンがとてもステキです。お互い何も話さなくても言いたい事はすべてわかってしまうような、そんなふたり。そんな流れを見るためにも全作見るにはすでに6作目なので気合い入れて見るといいかも。

詳しく知るにはこちら
明らかに何かが変? 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の隠された魅力を徹底解説

2018年8月3日公開

(スタッフ・キャスト)
監督:クリストファー・マッカリー
イーサン・ハント:トム・クルーズ
イルサ:レベッカ・ファーガソン


カテゴリー:シネマ

2 Responses to “ミッション:インポッシブル/フォールアウト”

  1. On & Off より:

    元気?
    上司がアメリカ人になり 最近パリに行ってないなぁ。
    たまにはお茶しようね。

  2. みなみ より:

    コメントありがと~ 元気です!
    最新作観ましたか?このシリーズはいつも新鮮で飽きません
    お茶しましょう!アメリカ人上司のこと?いろいろ聞かせてください!

コメントを残す

PageTop