HOME > 借りぐらしのアリエッティ

借りぐらしのアリエッティ

小さな世界がとってもかわいい。夢のようです。あまりにかわいくてあっちゅー間に終わっちゃった。感じたのは、やっぱり人との関わり合い方かな…

一緒にいることだけが全てじゃない。
立ち入ってはいけない領域とか、
信じてるからこそ、一緒にいなくても平気。
自分の意志ではどうにもできない事とか…

この泣いてるシーンはすごい共感しちゃった。
とにかくせつなくて泣けてくるけど、そんな時が一番素直なんだなって思う。

いつもながら声は誰なのか意識しないで見れました。みんなぴたりとはまってた。
(2010年7月17日公開)

カテゴリー:シネマ

コメントを残す

PageTop