HOME > オブリビオン

オブリビオン

oblivion2077年、エイリアンの攻撃を受けて地球は壊滅した。というところから始まる SF サスペンス。監督がトロン:レガシーのジョセフ・コシンスキーっていうこともうなずけるような美しい映像は見応えあります。
トム・クルーズのロマンチックぶりはいつもの彼っぽい感じで安心感があり、ストーリーはよくある感じだけど一番好きなシーンはジャックが人知れず大切にしていた秘密の場所。嵐の後にやってくる安らぎはいつまで続くのだろうか。これも続きが見たい気がします。



2013年5月31日公開

(スタッフ・キャスト)
監督:ジョセフ・コシンスキー
ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)
ジュリア・ルサコヴァ(オルガ・キュリレンコ)
マルコム・ビーチ(モーガン・フリーマン)


カテゴリー:シネマ

2 Responses to “オブリビオン”

  1. サトタカ より:

    あの場所が、ジャックの心の拠りどころなのでしょうね。私はオルガ•キュリレンコのセクシーな撃たれっぷりがよかったです。

  2. みなみ より:

    彼女はセクシーでしたよね。
    最初地味かな?って思ったけど表情が変わるごとに
    どんどん引き込まれてしまいました。
    何度見ても楽しい映画の類だと思います。

コメントを残す

PageTop